器土合爍

ご主人の洋輔さんがロクロをまわし、奥さんの智恵さんが絵付けをする。ふたりが二人三脚で創作した陶器を販売しています。鰻の寝床と呼ばれる、昔ながらの京の町屋の奥に土蔵があり、窯があります。ロクロは店内にあり、タイミングが良ければ作陶風景に出会えます。店頭では丹山酒造の試飲販売を行っています。

江戸時代から続く、お隣の「山市」さんが本家とか。この建物も歴史と趣があります。奥には欄間のある仏間が見えます。町屋を残したいと、以前は骨董屋をやっていたそうです。

豆皿から中鉢や大鉢まで、普段使いにしたくなるものが展示されています。
嵐山上流にある亀岡市の「丹山酒造」。純米酒、純米吟醸など各種揃っています。

錦市場へお越しの皆さまへ お願いとご案内

迷惑やトラブルになる場合もありますので、食べながら歩くのを止めましょう。
お買い求めのお店のイートインコーナーをご利用ください。
錦市場内には市場で買ったものを持ち込んで楽しむことができるお店もあります。