川魚 のとよ

  • 川魚
  • 魚類加工品
  • 惣菜

京都市内でも数は少なく、錦市場でも3軒しかないという川魚の専門店です。店頭に並ぶ商品は店の奥で開いたり、ぶつ切りにしたり、大鍋で炊いたり。お客さまが滅多に目にしないような作業で加工されています。また店の奥では「奥の商売」と称される、懐石料理店への納品準備もしています。

いまでも共同の井戸から地下水が給水されています。この水は店にとって、“命の水”です。これなしでは、やっていけません。店で泳がせている魚にはすべて、この水を使っています。

備長炭で焼き秘伝のタレを使ったうなぎの蒲焼が、なんと言っても看板商品です。
川魚の専門店は国内を見ても数が大変少ないので、全国から注目されています。

錦市場へお越しの皆さまへ お願いとご案内

迷惑やトラブルになる場合もありますので、食べながら歩くのを止めましょう。
お買い求めのお店のイートインコーナーをご利用ください。
錦市場内には市場で買ったものを持ち込んで楽しむことができるお店もあります。