お店紹介

STORE

乾物のお店

7

営業時間や定休日が変更になっている場合がございますので、ご了承ください。

錦 大友

ひと言で「乾物屋」といってしまっては、このお店の奥の深さは伝わりません。お店の方は「探していたものが見つかるかもしれない」と言いますが、「思いもよらないものがあるかもしれない」という方が適切でしょう。お供物や茶懐石の食材、和菓子の材料から、珍しい瓶詰めの食材まで揃っています。店頭に並べていない商品もありますから、たずねてみてください。

  • 塩干
  • 湯葉・麩・豆腐
  • 乾物
  • 和菓子

三上商店

店先にはたくさんの商品が並びます。共通点は、“干した”商品。塩干物(縮緬雑魚、スルメ、紅さけなど)、干物(身欠にしん、棒鱈、カレイ、貝柱、丸干しなど)、乾物(椎茸、昆布、カツオなど)のお店です。明治38年に京都の堀川で創業。すぐに錦市場に移って、もう110年を超えると言います。

  • 塩干
  • 乾物

若狭屋 高橋

昆布と昆布の加工品を扱っている「昆布の専門店」です。よく薄味だと言われる京料理。それは、昆布出しがしっかりきいているからなんです。そんな昆布の文化をもっとご家庭に取り入れていただきたい。自然な味でなんでも食べて欲しい。だから、この店では手軽で使いやすい商品もいろいろ用意しています。

  • 乾物
  • 調味料

竹長

いろいろな商品が並んでいます。どれもこだわりの⿊⾖の⾖菓⼦と海産の⼲物です。どちらもカラダに良いのが共通点。袋⼊りの⼲物のオススメは鯛、⽳⼦、ワカメ、炙りイワシ、⼲し海⽼など。この店には異⾊の「フルーツのサンドイッチ」はイチゴ、パパイヤ、イチジク、マスカットなど種類が豊富です。

  • 塩干
  • 魚類加工品
  • 惣菜
  • 乾物
  • 和菓子

京こんぶ 千波

元は昆布などの乾物を売っていましたが先代が佃煮をはじめ、昆布と佃煮の専門店になりました、良い昆布があるので、その良い昆布を使った伝統的な佃煮で本物の味を伝えています。そして、看板商品の「おやじなかせ」に代表される創作佃煮で新しい層へも昆布の良さを広めています。昆布の伝統を忘れず、伝統と革新のバランスを心がけています。

  • 佃煮
  • 珍味
  • 乾物

田邊屋商店

現在の錦市場の地で創業し、現在も営業を続ける錦市場内店舗のうち、(すし)伊豫又、鮮魚木村、(鮮魚)津乃利、津之喜酒舗、湯波吉(創業順)に続き6番目に古い、1830年創業以来続く、京都の老舗乾物店です。

  • 乾物

島本海苔乾物

寿司、割烹、有名料亭やホテルなどを得意先に持つ、海苔・カツオ・昆布・椎茸など乾物類の専門店。京都の出し文化にふれて欲しいと願うご主人は、料理に合わせた出汁の種類や選び方、店頭の商品の一番美味しい食べ方などなんでも聞いてほしいと言います。削りたてのかつお節の、なんとも良い匂いが店先に漂っています。

  • 乾物

錦市場へお越しの皆さまへ お願いとご案内

迷惑やトラブルになる場合もありますので、食べながら歩くのを止めましょう。
お買い求めのお店のイートインコーナーをご利用ください。
錦市場内には市場で買ったものを持ち込んで楽しむことができるお店もあります。