お店紹介

STORE

京漬物のお店

7

営業時間や定休日が変更になっている場合がございますので、ご了承ください。

錦・高倉屋

“京漬物は塩⾟くない”と、店主は⾔います。⻩⾊い芯の⽩菜「⼤福⽩菜」を使った浅漬けは、⽢みたっぷりの芯の味を⽣かすよう塩分控えめの昆布出汁で漬けています。産地の京都府久御⼭でも育てる農家は⼀軒だけという⾚い葉⼤根「静 紫(しずむらさき)」は、上品な野菜の味が⼝に広がります。

  • 京漬物

打田漬物 錦小路店

「漬物は生きています」昭和15年 京都・島原にて開業。厳選された野菜を熟練の職人達が季節ごとに重石や塩を加減し漬け込んだ京つけもの。「もっとお漬物を食べて頂きたい」という思いを持ち伝統を守りつつ漬けあげています。

  • 京漬物

桝俉東店

「誠実」「信頼」「信用」江戶中期に⻄京極で営んでいた酒造業の屋号を今に受け継いでいます。現在の京漬物の製造・販売業になったのは昭和5年。錦市場の中に3店舗を構えていますが、東店では時代のニーズに合わせた「美味適量」食べきりサイズの京漬物(個食)が人気です。

  • 京漬物

京つけもの西利 錦店

京つけもの西利は「旬 おいしく、やさしく。」のテーマのもと和食文化を大切に皆様に健康と笑顔をお届けすることを目標にしております。千枚漬やすぐきに代表される伝統を受け継ぐ商品だけでなく、低塩度で野菜の旨味を引き出す「京のあっさり漬シリーズ」、すぐきから発見されたラブレ乳酸菌を生かした「西利乳酸菌ラブレシリーズ」などを展開しています。

  • 京漬物
  • 飲食(その他)

桝俉北店

「誠実」「信頼」「信用」江戶中期に⻄京極で営んでいた酒造業の屋号を今に受け継いでいます。現在の京漬物の製造・販売業になったのは昭和5年。錦市場の中に3店舗を構えていますが、北店は「甘辛沢庵」や「古壬生菜」等、デイリー性の高い商品、白味噌などの発酵商品、料亭・ホテル・旅館などに向けた業務商品も取り揃えているのが特⻑です。

  • 京漬物

もり

素材の持ち味をそのまま生かした京漬物をお届けしています。原料になる京野菜は仕入れだけでなく、京都・亀岡にある自家農園でも栽培。先代から受け継いだ製法をもとに昔ながらの漬け方を大切にしています。京漬物にこだわりながらも、その枠を超えた創作漬物にもチカラを入れています。

  • 京漬物

桝俉本店

「誠実」「信頼」「信用」江戸中期に西京極で営んでいた酒造業の屋号を今に受け継いでいます。現在の京漬物の製造・販売業になったのは昭和5年。錦市場の中に3店舗を構えていますが、本店は広いのでデイリー商品から土産、ギフトまで幅広いラインナップを取り揃えています。素材と製法にこだわり、毎日、店の奥の作業場で漬け込んでいます。

  • 京漬物

錦市場へお越しの皆さまへ お願いとご案内

迷惑やトラブルになる場合もありますので、食べながら歩くのを止めましょう。
お買い求めのお店のイートインコーナーをご利用ください。
錦市場内には市場で買ったものを持ち込んで楽しむことができるお店もあります。