お店紹介

STORE

飲食のお店

24

営業時間や定休日が変更になっている場合がございますので、ご了承ください。

錦そや

錦市場の西入口に立つ若冲のモニュメントの側にあるお店。豆腐の販売と豆腐料理のレストランを営んでいます。販売では豆腐以外にも、ひろうす、おから、豆腐類を使ったお惣菜もあります。レストランの昼はセットメニューになります。季節の野菜や果物の白和え、揚げと野菜の炊き合わせ、豆乳のスープなど、なにが出るのか楽しみです。

  • 湯葉・麩・豆腐
  • 惣菜
  • 飲食(その他)
  • 料理道具

錦 鮨しん

錦市場のほぼ真ん中にお店があります。格子戸の入口に、一際目を引く大きな「鮨」の暖簾が目印です。店内は檜の一枚カウンターで、目の前で鮨職人が握ってくれます。職人の確かな目利きで仕入れた旬の魚介に厳選されたシャリを合わせた鮨を堪能できます。握りに和食、そして日本酒もいろいろ取り揃えています。

  • 寿司

hale -晴-

看板に誘われて細い路地を入るとお店があります。そこは市場の賑わいを忘れさせてくれる静かな京町家の空間です。戦前までここは昆布屋を営む、店主の祖母の生家でした。湯葉や生麩など、錦市場の食材や京都近郊の野菜を中心としたランチのお店です。動物性の食材を使わない菜食料理はヘルシー志向の方にオススメです。

  • おばんざい
  • 飲食(その他)

いけまさ亭

元は細工野菜で有名な八百屋さんでした。いつか店の奥で料理を食べさせるようになり、いまのような昼は定食、夜は居酒屋のスタイルになりました。料理の担当はお母さん。生湯葉とほうれん草和え、水菜と揚げの炊いたん、蕪蒸しなど、おばんざいと言われる京都の家庭料理が手頃な価格で味わえます。

  • おばんざい
  • 飲食(その他)

牛兵衛

カウンターのみ、定員5人という肉寿司の立ち食い店です。しかし、立ち食いとあなどることなかれ。肉は近江牛。しかもA5ランク(最上位)のものを使用しています。お皿に添えられた山葵を寿司にのせて、醤油をちょっとつけて、ひと口頬張ると、とろけるような美味しさにタメ息が漏れるはずです。

  • 寿司
  • 飲食(その他)

元蔵 錦本店

ゆったり落ち着く昭和レトロな空間で味わう京うどん、同じお出汁で作る京風おでん、串カツなどが人気です。うす揚げ、湯葉、生麩、九条ねぎなど京の食材を大切にしながら、新しい食を提案しています。京都の地酒も豊富に揃っています。食欲を満たしながら、昼間からチョイ飲み使いできるのが、この店の特長です。

  • うどん
  • 飲食(その他)

花よりキヨエ

南オーストラリアにある「キヨエ・オリーブ農場」。そこで採れた完熟オリーブを使用してつくられた最高級オリーブオイルが「キヨエ」です。ここは、そのオリーブオイル「キヨエ」と、「キヨエ」を使った揚げ物を売るショップです。地元のお客さまからも、観光の方からも高い人気を得ています。

  • 惣菜
  • 飲食(その他)
  • 調味料

まるき

終戦後間もなくの昭和24年ごろと⾔いますから、約70年前に先代が錦市場で⾷べ物屋をはじめました。そのころはうどんやラーメンのほかにも、さまざまな洋⾷も出す⾷堂のようなお店だったと⾔います。いまのご主⼈の代になってから、「うどん屋」さんに専念するようになり、今⽇に⾄っています。

  • うどん

カリカリ博士 錦市場

いつ店の前を通っても多くの人が列をなしている人気店。なぜかカップルが多いのは、若くて明るいスタッフの接客で入りやすい雰囲気だからでしょうか。それもありますが、美味しくてリーズナブルなお値段(ワンパック190円)も理由かもしれません。店名に偽りなしのカリカリのたこ焼きです。

  • 惣菜
  • 飲食(その他)

冨美家

昼どきにいつも列ができている、70年以上続くうどん屋さん。長年地元のお客さまに支持されてきたのは、「材料と手間を惜しまない」姿勢で、良い材料をふんだんに使って美味しいものを作り続けてきたから。おだしが主役という京都のうどんには良いおだしが欠かせません。天然の材料を使い、毎日職人が丁寧におだしをとっています。

  • うどん

錦市場へお越しの皆さまへ お願いとご案内

迷惑やトラブルになる場合もありますので、食べながら歩くのを止めましょう。
お買い求めのお店のイートインコーナーをご利用ください。
錦市場内には市場で買ったものを持ち込んで楽しむことができるお店もあります。