お店紹介

STORE

道具・雑貨のお店

22

営業時間や定休日が変更になっている場合がございますので、ご了承ください。

錦そや

錦市場の西入口に立つ若冲のモニュメントの側にあるお店。豆腐の販売と豆腐料理のレストランを営んでいます。販売では豆腐以外にも、ひろうす、おから、豆腐類を使ったお惣菜もあります。レストランの昼はセットメニューになります。季節の野菜や果物の白和え、揚げと野菜の炊き合わせ、豆乳のスープなど、なにが出るのか楽しみです。

  • 湯葉・麩・豆腐
  • 惣菜
  • 飲食(その他)
  • 料理道具

錦 まるん

可愛いお菓子と雑貨のお店と、ひと言では表現できないほど、いろんな“可愛い”が集まるお店です。カラフルで明るい店内をざっとご紹介すると、色とりどりの金平糖や京あめ、自社工房で作られるオリジナルクッキー、京都限定のコスメ・パック・香水・ネイル、和風のピアスやイヤリング。京都の地酒もたくさん揃っています。

  • 和菓子
  • 洋菓子
  • 生活用品

京錦北斎グラフィック

「日本のカルチャーを世界へ」そんな願いを込めて、かの北斎に名を借りたという傘の専門店です。北斎の名に違わず、オリジナルなデザインや仕様の傘が店内を飾ります。そうです、並ぶのではなく、飾るという感じです。その数はなんと約200種類以上。一見の価値があります。

  • 生活用品

てらわき文具店

錦市場に文房具店?と、思うかもしれません。もともとは大阪で市場関係の仕事をしていたところ戦時中に錦市場へ来て、いまのお店の隣で八百屋を開業。30年ほどやったあと、八百屋を継ぐひとがいなかったこともあり文具屋さんになったという経緯があります。ちょっとレトロな文具が意外に人気とか。

  • 生活用品

プラウ デコ

店名の「プラウ デコ」の“プラウ”はインドネシア語で島、“デコ”は飾る(デコレーション)という意味があります。自分の島(家)を飾ろうという意図が込められています。インドネシア(主にバリ島)で買い付けた雑貨と、清水焼や有田焼などの器が楽しそうにデコレーションされている「器と雑貨の店」です。

  • 生活用品

木源

足袋は日本固有の伝統的な衣類ですから、ここ錦市場にふさわしい商品とも言えます。ここは、京都製もしくは日本製の足袋と、衣類、手拭い、くつ下などを販売しているお店です。和柄やキャラクター物など足袋の種類は豊富。足袋は木綿のものが一般的ですが、この店では最高級の絹(羽二重)製も注文することができます。

  • 生活用品

大島履物店

終戦のあくる年、昭和21年から祇園・木屋町・先斗町などで働く方の普段履きの店として親しまれてきたお店です。店内に入ってまず目につくのが、京都らしく下駄や草履の多さです。中でも高下駄は料理人の御用達で、本来の用途は、まな板や調理台の高さに自身を合わせるためのものだとか。草履は社寺関係や法衣店に卸しています。

  • 生活用品

京錦箸や万作 猫まっしぐら

半分が箸の店で半分が猫の店というと、不思議かもしれません。ここは、「箸や万作」という箸の店と「猫まっしぐら」という猫をテーマにした和雑貨の店。この2つが同居する楽しいお店です。何気なく立ち寄っても、見ているだけで、発見の連続。箸、小皿。猫の雑貨・傘・カップ。時間がすぐに経ってしまいます。

手作り箸工房 きっちん遊膳 京都・錦店

京都のお土産にお箸が似合います。約800種類もある中から、専門家のアドバイスを受けながら選んでいくのは楽しいものです。お箸以外にも、箸置きや清水焼・美濃焼の食器、石塚ガラスのグラスなど取り揃えております。お箸にお名前、記念日、メッセージなどを彫るサービスがあり、無料です。とっておきの思い出のお箸になります。

蒟蒻しゃぼん 錦店

道行く人が店頭に置かれたカラフルな見本に触れる姿を、引きも切らず見受けます。皆さん、触ってみては「きゃー、プニュプニュしている」と、声を上げます。じつは、これぞ、蒟蒻芋から作られたせっけん「蒟蒻しゃぼん」。蒟蒻のセラミド効果やスクラブ効果に注目して作られた製品です。肌はしっとり、ツルツルになります。

  • 生活用品

錦市場へお越しの皆さまへ お願いとご案内

迷惑やトラブルになる場合もありますので、食べながら歩くのを止めましょう。
お買い求めのお店のイートインコーナーをご利用ください。
錦市場内には市場で買ったものを持ち込んで楽しむことができるお店もあります。